思春期のダイエット

思春期のダイエット

最近は、TVやネット、雑誌の影響でモデルのような体型に憧れ、無理なダイエットをする中高生が増えています。当サイトでは思春期に過剰なダイエットをすることによる危険性を紹介します。

女子中高生のダイエット事情

女子中高生は成長過程にあるため、筋肉や骨を作り出すためにどうしても体重が増えていきます。健康の為に必要な現象だとしても、年頃の女の子にとっては頭を悩ませる問題です。
そんな女子中高生のダイエット事情に目を向けてみると、お金をかけずに行える食事制限を行うケースが目立ちます。たいていは間食を我慢する事から始まりますが、片思いやデートなど特別なイベントなどに向けてダイエットを行うケースが多く、すぐに結果を出したくて焦っている時は食事の回数を減らすなど過激なダイエットをすることも珍しくありません。
しかし成長期途中に無理なダイエットを行うと健全な成長が阻害され、生理不順など婦人科系のトラブルも引き起こしかねないため、女子中高生は健康的なダイエットを行うことが大切です。
それは運動と食事管理の二つです。女子中高生の場合、通学途中や学校での体育の時間、部活動の時間を利用して思いっきり身体を動かすのがおすすめです。本気で身体を動かせばかなりの脂肪燃焼効果が期待できます。
また、間食やハイカロリーな食事を意識して減らすのが重要です。健康的にダイエットをするために、一日三食しっかり食べることが重要なので、ご飯もおかずもしっかりと食べながらヘルシーな食事を心がけましょう。友達との付き合いで間食を断れなかったという場合は、いつも以上に身体を動かしてカロリーを消費するか、当日もしくは翌日の間食を我慢するなどバランス調整をすると良いでしょう。
女子中高生は標準体重よりかなり軽い体重を目指すケースが多いですが、男性はある程度肉付きがあるほうを好むケースも多いため、男友達の意見も参考にしながらダイエットに取り組むと良いでしょう。

無理なダイエットで成長期に栄養不足になる中高生

小学生の頃には、男女関係なく仲良く遊んでいた子供たちも、中学校に上がるころになると、急に異性を意識し始めるようになるものです。
もちろんそれは自然の流れでもありますので、当然のことと言えるでしょう。
異性を意識し始めると気になるようになってくるのが、自分の容姿や体型に関してです。特に体型に関しては、成長期でもありますので、身長も体重も著しく変化をしてくる時期でもあります。
女子の場合は、体が丸みを帯びてくる時期でもありますので、体重などを気にするようになるでしょう。体重が気になり始めると、ダイエットを始める子供もいます。
ダイエットをすることによって、体型を変化させたいという思いから行うようになりますが、子供も大人と同じようにダイエットをしてもいい物なのでしょうか。
まだ子供の時期に行うダイエットはオススメすることが出来ません。成長期の途中にダイエットを行う事によって、栄養不足になってしまう可能性が出てくるからです。成長期にダイエットを行うと、カルシウム不足や貧血が心配されるようになります。
そして将来的に骨粗しょう症を引き起こしてしまう原因にもなりかねません。成長期にダイエットをすることは、本人が健康を維持していく上で問題を起こしかねない事になりますので、おすすめが出来ないのです。
そしてその他にも問題として起きてくるのが、集中力の低下が問題とされています。集中力が低下してしまえば、勉強にも身が入らなくなり、成績が落ちていくようになるでしょう。
中高生の時期にダイエットを行う事は、体だけではなく、勉強の能力までも低下させてしまう事につながりますので、体型をあまり気にし過ぎないようにさせなくてはなりません。

思春期の無理なダイエットで月経異常に

思春期の無理なダイエットにより月経異常になることがあります。ダイエットで特定の食品しか食べなかったり、1日1食だけなど、生きていくための必要な栄養素が不足する無茶をすることで、体は栄養不良の状態に陥ります。その結果、生命を維持することが優先されるため、生殖機能まで栄養が回らなくなり月経異常を引き起こします。最近では、ダイエットをきっかけに拒食症に陥る人も増えており、悪化すると無月経が起こります。
月経異常を治すためには、原因を除去して早めに治療を開始すことが大切です。ダイエットなどが原因で月経異常を引き起こしている場合は、ダイエットをやめます。それでも月経が回復しない場合には、ホルモン剤による治療が必要となります。無月経を長く放置していると、治療が難しくなり不妊症に悩むことになる場合があります。
思春期にダイエットを行う場合には、まず運動です。部活に入っていれば、運動することになりますが、文化部や帰宅部では運動不足になります。運動を全くせずに太っている場合には、早朝か夕方にウォーキングやランニングを行います。運動をすることで、身体が健康的になり、結果として代謝がよくなるため痩せることができます。
また、生活習慣を整えることです。カップラーメンやハンバーガーなどのインスタント食品やファーストフードは控え、野菜や魚などきちんとしたご飯の食事に切り替えることです。朝食を抜いたり、給食を残すのではなく、1日3食をきちんと食べることが大切です。毎日深夜に寝るような生活をしていると身体のリズムが崩れ、身体が不健康となるため、太りやすくなります。早寝早起きを心がけることで、身体の循環がよくなるため、ダイエット効果が期待できます。
■痩せたいけどきつい運動や食事制限は無理という方はこの薬でダイエット
オベリット